おすすめ商品
おすすめ商品

あすなろ箸

青森ヒバの間伐材を、箸職人が一本一本心を込めて作りました

あすなろ箸【あすなろ箸】
青森ヒバの間伐材を削り、香りが残るようにして伝統的手法により本漆(ほんうるし)を塗りました。手元はヒバの木の香りが漂い、森の中でご飯を食べているようなさわやかさを誘います。食べ物をすんなりはさめるように工夫された箸先は伝統の技術ならではの美しさです。強くて丈夫、水にも耐え、長持ちする。そして間伐材を使っていることからも、地球に優しいエコを考えた当店一、お勧めの商品です。
青森ヒバの間伐材を削り、香りが残るようにして伝統的手法により本漆(ほんうるし)を塗りました。 手元はヒバの木の香りが漂い、森の中でご飯を食べているようなさわやかさを誘います。 食べ物をすんなりはさめるように工夫された箸先は伝統の技術ならではの美しさです。 強くて丈夫、水にも耐え、長持ちする。そして間伐材を使っていることからも、地球に優しいエコを考えた当店一、お勧めの商品です。

南部裂織

暮らしに創る喜びを 手仕事の温もりをいつまでも

南部裂織【南部裂織(なんぶさきおり)】
裂織とは布を裂いて横糸「緯(ヌキ)」にして織る、織物の一つの織り方です。裂織は布を大切にする女の知恵から生まれたもので、全国各地また外国にもありました。そんな裂織は青森県南の伝統的な南部裂織として今も語り継がれています。そんな昔から愛されてきた、青森県が詰まった南部裂織とあすなろ箸をぜひセットお使い下さい。
裂織とは布を裂いて横糸「緯(ヌキ)」にして織る、織物の一つの織り方です。 裂織は布を大切にする女の知恵から生まれたもので、全国各地また外国にもありました。 そんな裂織は青森県南の伝統的な南部裂織として今も語り継がれています。 そんな昔から愛されてきた、青森県が詰まった南部裂織とあすなろ箸をぜひセットお使い下さい。

有田焼

頑張る自分と家族のご褒美に有田焼

有田焼【有田焼】
和食器の代表ともいえる有田焼は日本国内で唯一長期にわたって磁器の生産を続けています。有田焼というと渋い、シンプルなイメージがありますが、当店では食卓が明るく、華やかになるような色合い、デザインの有田焼ばかりです。堅くて丈夫、日常に使う食器としては最適です。なめらかな手触りに、雪のような白い素地。見るだけでなく、使っても満足頂ける商品です。
和食器の代表ともいえる有田焼は日本国内で唯一長期にわたって磁器の生産を続けています。 有田焼というと渋い、シンプルなイメージがありますが、当店では食卓が明るく、華やかになるような色合い、デザインの有田焼ばかりです。 堅くて丈夫、日常に使う食器としては最適です。なめらかな手触りに、雪のような白い素地。見るだけでなく、使っても満足頂ける商品です。

  • 先頭へ戻る